中古戸建住宅売買専門

代表挨拶

 

築20年以上で建物の価値は「0(ゼロ」なのか?

 

この度は、当社のホームページをご覧頂きありがとうございます。

 

私は冒頭に書きました、建物の価値は築年数だけで判断されるのか?の疑問から「中古戸建住宅」の地位向上、価値向上を目指すビジョンが芽生えました。

 

例えば昨今、話題となり問題となっている「空き家問題」・・・・。

家が余っているのに、次々と建てられる新築住宅・・・・。

 

まだまだ住める、使える中古住宅も、築年数のみで判断され、本来の価値が正当に評価されないで解体撤去されている・・・・。

 

今後は国も中古住宅に対し、ホームインスペクション(住宅診断)を促し、一定の規定や諸条件を備えた中古住宅を称する商標制度が設けられます。

 

しかし、まだまだ手探りで、どこまで浸透するかは未知数です。

 

そこで当社は主に中古戸建住宅の取引に特化し、中古戸建住宅の「不安」、「汚い」、「分からない」を払拭する努力をし、もっともっと中古戸建住宅の流通に寄与したいと考えました。

 

また一軒、一軒どの中古戸建住宅にも歴史がある・・・・・・。

 

これは今まで売却のご依頼を受けた際、多くの依頼主さんから住み始めた当時や、その家での思い出等をたくさん聞かせて頂く機会がありました。

 

その際ある方の「気に入って使ってくれると嬉しいのだけど、築年数が・・・・。」と、どこか寂しげな表情をされたのを、今でも覚えています。

 

本当に中古戸建住宅は築20年以上で価値は「0(ゼロ)」なのか?

 

この疑問に応えるべく、中古戸建住宅の可能性を信じ、中古戸建住宅の地位向上に、これからも寄与して参ります。

 
 

株式会社リードアセット

代表取締役  田中  太郎